ある程度年齢を重ねてくると、白髪が目立ってきます。

白髪が多いと老けて見えるので染めて隠したいと思うものです。

今は家庭でも白髪染めができる商品がいろいろ発売されていますが、それらはどういうしくみで白髪が染まるようになっているのでしょう。

【薬事法による区別】

白髪染めは、薬事法に基づいて区別されています。

化粧品と医薬部外品(薬用)とに分かれるのですが、白髪染めのカラートリートメントやヘアマニキュア、1剤式の酸性カラーは化粧品で半永久染毛料、塗るタイプの白髪隠しは化粧品で一時染毛料、1剤と2剤を混ぜるタイプの白髪染めは医薬部外品で永久染毛剤となります。

【カラートリートメントのしくみ】

カラートリートメントで白髪が染まるのは、黒い毛は染めることができないのですが、白髪はしっかり染めながらトリートメントと浸透させるので髪のダメージは大幅に抑えられます。

脱色剤を含まないので頭皮への刺激もありません。

【混ぜるタイプの白髪染めのしくみ】

1剤と2剤を混ぜるものは、染毛剤と脱色剤を使う直前に混ぜます。

黒髪を脱色して色を乗せるのでしっかり染まり、色持ちも良いです。

しかし、毛髪や頭皮にかなりのダメージを与えますし、アレルギーやかぶれの恐れもあるものです。

【髪と頭皮を守るなら】

白髪を隠したいけれど髪や頭皮が傷むのは避けたいのであれば、白髪用のカラートリートメントがおすすめです。

髪を健康に保ちながら白髪を目立たなくするもので、頭皮に付いても安心です。

入浴時に使えるのもおすすめのポイントです。

◎Check!–>《URL:http://www.pingxiangshihtzu.com/